媒体のご案内

マークシティモール、渋谷エクセルホテル東急、オフィスなどで構成される渋谷マークシティは渋谷駅直結の複合施設です。また、JR・東京メトロ・東急・京王など主要鉄道網とのアクセスに優れ、パーキング、高速バス発着所を完備する多機能ターミナルでもあります。
館内イベントスペース&広告媒体は、渋谷駅前および4Fアベニューの圧倒的な通行者、そして渋谷マークシティ利用者に対して、極めて広告効果の高いメディアといえます。






■株式会社 メトロアドエージェンシー
営業本部 営業推進局 営業推進部 (担当:渡辺、鈴木、竹山)
TEL:03-5501-7986 FAX:03-3593-6170
■株式会社 東急エージェンシー
空港・ООHマーケティング局 空港・屋外メディア部 (担当:岡村)
TEL:03-3475-9532 FAX:03-3475-9365
■株式会社 京王エージェンシー
媒体部 (担当:石川)
TEL:03-3348-8604 FAX:03-5326-8994

■マークイベントスクエア

渋谷マークシティは1日約10万人の人々が行き交う「街」として、渋谷エリアにおいて中心的な役割をになっています。その玄関口であるEAST MALL 1Fにイベントスペース「マークイベントスクエア」は位置し、多方面の広告イベント活動に利用が可能です。またピロティとなっておりますので天気に左右されることなくイベント展開が可能です。

詳細→

■マークアトリウム(内側・外側)

吹き抜けガラス壁面「マークアトリウム」には、館外側と館内側の両側2面があります。館外側のシート広告は渋谷駅前ハチ公広場、スクランブル交差点からの注目度が高い媒体です。更に2010年度より新たに4灯の照明が設置され、広告面も大きくなったことにより、今まで以上の話題性が期待されます。また、井の頭線下りエスカレーターからは館内側のシート広告が正面に見えます。

詳細→

■マークタペストリー

「マークタペストリー」は、渋谷駅前と井の頭線を結ぶエスカレーター正面に位置する壁面の、巨大な注目の高い媒体です。
※井の頭線とのエスカレーターの通行量は1日約10万人です。

詳細→

■マークピラー

1日約270万人の乗降客を有するターミナル、渋谷駅前のEAST MALL 1Fに位置する「マークピラー」は、通行量・媒体面数とも、好立地のスペースです。また、注目度アップが計れる昼も夜も内照式の柱です。

詳細→

■マークウォール

「マークウォール」は、井の頭線渋谷駅中央口のエスカレーター、階段へのアクセス専用通路に位置する媒体面として、注目率が期待されるスペースです。

詳細→

■マークアベニューフラッグ

渋谷マークシティ4Fに位置するアベニューは、オトナをメインターゲットとした雰囲気のある飲食中心のストリート。ここで展開される「マークアベニューフラッグ」は装飾的な役割をもつ、ユニークな媒体としてアベニュー通行者に直接訴求します。

詳細→

■マークシャイニングウォール

EAST棟とWEST棟を結ぶ4F連絡通路手前に位置する「マークシャイニングウォール」は、館内壁面看板では最大のスペースです。しかも内照式ですので、注目度も期待できます。

詳細→

■マークラウンドシート

マークボード同様に、渋谷駅と道玄坂上を結ぶアクセスストリートとして、1日約5万人の通行量があります。また、2Fとつながるエスカレーターからも注目度が高く、「マークラウンドシート」は話題の媒体です。

詳細→

■マークボード

「マークボード」前の通行量は、JR・東京メトロほか渋谷駅と道玄坂上を結ぶアクセスストリートとして、1日約5万人以上あります。さらに、RESTAURANTS AVENUE 4Fのレストラン利用者も多く、訴求力の強い看板です。

詳細→

渋谷マークシティ概要  広告掲出基準  「Media Guide」を最初から通して見る